「Comfort Bossa Tour in early spring」が行われました。

 

 

去る平成28年1月28日、マコセにてボサノヴァアーティストの中村善郎さんと、

ピアニストで作曲家の宮野寛子さんによるライブ

「Comfort Bossa Tour in early spring」が行われました。

 

bossa-nova-Leaflet

 

ライブに先立ちふるまわれたのは、霧島市にレストラン4店舗を構える

有限会社プレッソ代表 前田シェフの手によるフィンガーフード。

その名の通り、気軽につまめて、しかもとっても美味しい素敵な

イタリア料理が、今宵への期待をいやが上にも高めます。

 

b-01

 

小腹を満たし、のどを潤したところで、さあ、開演です!

第1部は、ナレイアロハ ハワイアンバンドとサンタフラスタジオの

皆さんによる音と踊りの共演。軽快なバンドの音楽や歌声と、華麗な

フラダンスが見事に融和し、しばし季節を忘れて魅入っておりました。

 

b-02 b-03

 

その後、休憩をはさんで第2部スタート。

Olha que coisa mais linda

Mais cheia de graça

É ela menina

Que vem e que passa

Num doce balanço

A caminho do mar

おなじみ「イパネマの娘」から始まったライブは、「コルコヴァード」へと続き、

私達観客のハートを鷲掴み!

甘く心に響く中村さんの歌声、アコースティックギターが奏でる柔らかな旋律、

ささやくような宮野さんのトーク、会場を包み込むように歌うピアノの音色。

どこかで聴いた曲も、初めて耳にする曲も、まだ名前のないワルツも、どれもが

心を揺さぶります。

 

b-04b-05

b-08-09

b-06b-07

 

聴き惚れているうちにあっという間に時が流れて終演。

エンドロールを皆で見て、盛大な拍手の内にライブは幕を下ろしました。

会場で購入したCDにサインを頂き、ほくほくして帰路についた私達。

きっと皆の携帯音楽プレーヤーには、新たにボサノヴァの名曲が入ったに違いありません。

素敵な音楽をプレゼントしてくださった演奏者の皆様、このような機会を下さった

社長と寛子さん、ありがとうございました!

 

 

 

Comments are closed Trackback

Comments are closed.