4月1日の南日本新聞「未来への設計図」にマコセが掲載されました。

私達が、日頃どのような思いでこの仕事に取り組んでいるのか、より多くの方に

知っていただく機会となったことを嬉しく思います。

お一人お一人、それぞれに輝ける時代や苦難の時がありますが、私達がお伺いできるのはその一片でしかありません。

わずかな時間の中で、どれだけご遺族様の思いに寄り添った取材ができるのか、愛に溢れた文章が書けるのか…一生懸命お話し下さるご遺族様と、私達を信じてご依頼下さる葬儀社様の思いに応えられるよう、オペレーター全員が毎日真剣に取り組んでいることをお伝えできたなら幸いです。

shinbun

Comments are closed Trackback

Comments are closed.