12月8日 エンディング産業展にて セミナー講師を務めさせていただきました!

 

Evernote Camera Roll 20151208 185530

 

 

 

「エンディング産業展」とは、今年初めて開催されたエンディング産業に関する

専門展示会です。

葬儀のみならず埋葬や供養、神社仏閣の宗教関係者、自治体の生活衛生関連の方々など

人・設備・機器・サービスが集まって商談や情報交換をおこなうための場として、

東京ビッグサイトにて12月8日から10日までの3日間開催されました。

 

いつもお世話になっております、GSIの橋爪先生よりご縁をいただき、

マコセのオペレーター・グリーフサポートバディの中尾が初日のセミナー講師として

お話をさせていただきました。

「オリジナル礼状とグリーフサポート」というお題で45分間。

マコセがオリジナル礼状をはじめたきっかけから、なぜグリーフについて学んでいるのか、

学んだことによってオペレーターがどう変わっていったか、そして私たちがどんな想いで

取り組んでいるのかをお伝えしました。

 

 

IMG_2094

 

 

普段はご家族のお話を聴くほうが専門であるうえに、社外に出て人前で話をすることに

いまだ慣れておりませんので、お聞き苦しい点も多々あったかと存じます。

けれども何千人、何万人もの方から教えていただいたことを、なんとかお伝えしたい。

たくさんいただいてきた、あたたかな気持ちを、優しさを、少しずつでもお返ししていきたい。

そんな想いで「オペレーター中尾美佳」なりに、精いっぱい気持ちをぶつけた45分でした。

 

会場の定員は55人と聞いてからずっと(ガラガラだったらどうしよう…)という不安に

悩まされていましたが、当日はなんと満員御礼!立ち見の方も10人以上いらっしゃって

感謝で胸が詰まってしまう瞬間もありました。

 

IMG_2097

 

電話口でのご家族の方とのやり取りや、仕事上のみならず実際に私が体験してきた

グリーフにまつわる話を織り交ぜて進めていくうちに、あっという間に時間は過ぎて

いってしまいました。

顔なじみの方も大勢、涙をぬぐいながら私の話を聴いてくださって、終了後には

「すごくよかったよ!」「斜め前の男性が途中からずっと嗚咽されてましたよ」

「もうだめ、最初っから涙とまんなかった~」

「自分の過去を思い出して、泣いちゃいました」などなど…

すごくあたたかいお言葉をかけていただきました。

マコセの熱い想いを伝えていくための一助になれたでしょうか。

 

『想いを伝える』この理念を根底に。

『故人のため』そしてなにより『大切な方を見送るご家族のために』

私たちはこれからも全力で走り続けてゆくことを誓います。

たくさんの感謝と、たくさんの敬意を胸に… それでも受話器を握ったその瞬間には

心をまっさらにして、声なき声に耳を澄ませます。

すべてのご縁に、ありがとう。

 

 

 

 

Comments are closed Trackback

Comments are closed.