株式会社ジュディ・プレス 代表取締役 高橋 厚人様をお迎えして…

今回は東京より、株式会社ジュディ・プレスの代表取締役 高橋 厚人様をお迎えして

お話し頂きました。

8J4A8436IMG_8464

テーマは…「想いを伝える、自分史のチカラ」~ミニ体験もあるよ~

 

日頃「自分史」・「家族史」の編集・制作をされている高橋社長のお話は、私達お礼状制作の

現場にも通ずるものが沢山ありました。

いいものを書く秘訣は、お話を伺う相手の心をいかに開かせることができるか。

また自身が入りたいと思うかどうか。

喜怒哀楽を聞けば、その人の人生がわかる。

繰り返される言葉が柱。

書く時は淡々と。エピソードを重視して、決して感動を押しつけない。

等々、胸にストンと落ちる言葉ばかりでした。

 

また途中「ヒーロー・ヒロイン インタビュー」という体験ワークが組み込まれており、

その時間が最も盛り上がりました。

2人1組で互いをインタビューし、聞いた内容をフィードバック。その後、皆の前で

相手のことを1分間で紹介するという内容です。高橋社長がワークの説明を始めると、

一気にフロア中に緊張が走り、皆困惑した表情で顔を見合わせていました。

ところが、いざインタビューの時間になると、会話が弾んでガヤガヤ…騒音のレベルです。

発表の時も皆大きくうなずいたり、声をあげて笑ったりで、楽しい時間でした。

自分のことを他者に話し、何らかのフィードバックをしてもらうことで、自分では

気づかなかった一面が見えます。日々の取材の中で、このことが無意識に繰り返されて

いることを、実体験を通して知りました。

 

IMG_8477 IMG_8479

IMG_8487 IMG_8564

 

 

ご遺族が電話を切る時に、優しい声で「聞いてくれてありがとう」と仰ってくださる

意味がわかったような気がします。

 

 

今回、高橋社長からお礼状作りのヒントを数えきれないほど頂きました。

貴重なお話をありがとうございました。

Comments are closed Trackback

Comments are closed.