募集要項/文章オペレーター

職種

資格

求められるスキル

文章オペレーター

高卒以上64歳以下

コミュニケーション能力、感受性の豊かさ、情熱

勤務時間

休日

9:00~18:00(通常)、8:00~17:00(早番)、10:00~19:00(遅番)

週休二日シフト制(年間休日105日)

※会社カレンダーによる交替休

給与

 

昇給

賞与

195,000円〜305,000円(諸手当含む)(試用期間終了後)

※経験・能力などを考慮の上、弊社規定により決定いたします。

 

年1回

年2回

応募

履歴書・職務経歴書を本社所在地へ送付(HPを見て応募と記入してください。)もしくは、下記のエントリーボタンから応募してください。

書類選考後面接日を連絡します。

※応募内容についての秘密は厳守致します。

個人情報同意書

ダウンロードPDF

社員の100%が未経験からのスタート

0からのスタートでも活躍できる秘密、教えてください!

このホームページを開いてくださった皆様、マコセに興味を持って頂き、ありがとうございます。会葬礼状の制作現場って、実際どんな感じ?私にもできるの?などなど、皆様の頭の中には様々な「?」が浮かんでいるのではないでしょうか。そこで、現役の文章作成オペレーターに本当のところをインタビューしてみました。誰もが初めて経験する仕事だからこそ、サポート体制を充実させ、みんなで成長していきたい…そんなマコセのスタイルを少しでも知って頂けたら嬉しいです。

誰もが初挑戦だから基本を丁寧に学んでいく

先輩オペレーターがしっかりフォロー

ーーまずは皆さんがマコセにたどり着いた経緯から聞かせてもらえますか?

 

大山:私は以前、営業職に就いていたんです。その中でも「もっと人と対話できる仕事をしたいな」と思うようになって…。

 

西園:確かに好きなことを仕事にしたいって気持ち、ありますよね。私は前職で日本語教師をしていて、文章を書くことに興味を持っていたんです。

 

祁答院:私はせっかく働くなら、人に喜んでもらえる仕事をしてみたいと考えていたところに、マコセと出合いました。

 

西園:うちのスタッフは、個性あふれる考えと経歴を持っているのも面白いですよね。

 

大山:色んな思いを抱いてここに集まっているところに、縁を感じます。

 

ーーそうですね。歩いてきた道は違うけど、心ひとつに働けるって何だか嬉しいですよね。けれど全く経験のない仕事を始めるって、不安はありませんでしたか?

 

祁答院:正直 最初は、やっていけるかなと思っていました。みんなきびきび動いていて、この一員になれるのかな…って。

 

大山:あとは自分に文章が書けるのか、パソコンの操作をちゃんと覚えられるか、正直心配でした。

 

西園:そうそう。私も二人と一緒だったなぁ。けれど研修期間が設けられていたから、不安を解消しながら進めた気がします。

 

祁答院:まずは、校正(文章作成オペレーターが作成した文章をチェックする工程)に入るところからスタートするんです。この期間に、たくさんの文章に触れて会葬礼状の雰囲気をつかむことができました。どこに注意しながら原稿を作るのかというコツも学べたのは、貴重でしたね。

 

西園:その校正研修期間を経て、会葬礼状の作成に必要な知識やパソコン操作について学んでいきます。

 

祁答院:先生役のオペレーターの方と、一緒にパソコン操作しながら都度立ち止まって質問できるし、分かるまで教えてもらえるから、ここで基本をしっかり身につけることができました。

 

大山:私の場合は電話取材で緊張してしまうところがあったので、先生役の方に色々なご遺族を想定した練習をして頂きました。

 

ーー1から基本を身につけられるられるというのは、とても安心ですね。実際の業務が始まってからはいかがでしたか?

 

西園:研修で学んだことの中には、すぐに実践できることもあれば、慣れるまでに時間がかかることもあって、最初は試行錯誤しましたね。

 

大山:でも新人オペレーターには必ず指導者(対番指導者と呼んでいます)がつき、マンツーマンで指導してもらえるんです。

 

祁答院:初めはつまずくことも多かったけれど、すぐにフォローしてもらえたので、自分が何にひっかかっているのか確かめながら、学ぶことができました。

 

大山:経験を積んでいくと、さらに新しい知識を学んでいくので、師匠には色んなことを教えてもらうんですよ。

 

西園:仕事に対する心構えを教わったり、時にはプライベートな話をしたり…。一番身近な相談相手であり、技術以上に大切なことを吸収させてもらった気がします。

 

ーーそばで支えてくれる存在がいてくれるって、心強いです!対番指導者のもとでステップアップしていく手ごたえが、モチベーションになっていくんですね。

自分の現在地を意識しながら働き

達成感のある仕事が続けられる

ーー文章が少しずつ書けるようになっていく、作成スピードが向上していくなど、自分の中での成長を感じる瞬間があるかと思います。そんなスキルアップを会社が評価・サポートしてくれるのも、マコセの魅力ではないでしょうか?

 

西園:試行錯誤から始まった会葬礼状の作成も、毎日続けていく中で1本が2本になり、気付けば7本、8本と多くの件数を担当させて頂けるようになりました。一本でも多く作成したいという向上心が生まれるのは、会社の取り組みも大いに影響しているんです。

 

祁答院:マコセではポイント制を導入していて、毎日作成した礼状の件数を申請しています。

 

大山:これは、より効率的に仕事をしていこうという意識づけのために行っているのですが、作成件数の多かった文章作成オペレーターについては、毎月上位3位まで表彰してもらえるんです。

 

祁答院:日々の努力を評価してもらえるというのは、頑張り甲斐がありますよね。

 

大山:もちろんスピード面だけではなく、品質も大事な商品なんです。

 

西園:定期的に勉強会をしたり、外部から講師を招いて講演会を開いたりと、文章力を鍛える場も設けられています。

 

大山:そして何といっても、文章作成オペレーターにとって特別な機会となっているのが、アワードですよね?

 

祁答院:その一年間で作った会葬礼状の中で、自分にとっての自慢の一通を選び、皆の作品を集めて社内のスタッフ全員で最高傑作を決定するというイベントです。

 

西園:1位をとるのは本当に難しいけれど、思いのこもった会葬礼状を読んでいると「もっと感性を磨いて、いいお礼状を作っていきたい」って身が引き締まるんです。

 

ーー毎日、時計の針と勝負しながら文章を作成する中でも、立ち止まって自分の仕事を見直したり、ステップアップのために勉強できたりするのは、マコセならではの魅力ですね。

 

ずっと続けて欲しい仕事だから

社員を応援する制度が充実しています

ーーこうしてみるとマコセが働く環境づくりに力を入れている会社なんだということが、よく分かります。この他にも社員を応援する制度があるんでしょうか?

 

西園:何といってもマコセキッチンでしょうか。手作り昼食が毎日提供され、無料で利用できるんです。フローリングのカフェにはソファーもあり、私は食事の後にのんびり読書をしています。

 

祁答院:毎日メニューが違うので、秘かな楽しみなんですよね。

 

大山:私はマコセカレーの日を心待ちにしています。

 

西園:あとは育児支援にも積極的です。産休・育休の制度もありますし、保育園との提携も始まりました。私は子育て中ですが、会社の制度を利用させてもらい、仕事と家庭の両立を頑張っています。

 

祁答院:安心して働けるってありがたいですよね。この他にも夏祭り・クリスマス会など、社員の家族が参加できるイベントが定期開催されますし、社員旅行が行われる年もあります。

 

大山:毎年の健康診断とインフルエンザ予防接種のほか、女性社員向けに乳がん検診も行われているんです。

 

西園:さらにグリーフケアと産業カウンセラーの有資格者が在籍しているので、ささいな悩みも聞いてもらえます。

 

祁答院:色々な面でサポートしてもらってますね、私達。

 

大山:これからも頑張っていかないといけませんね!

 

西園:そうだね。ぜひとも新しい仲間と一緒に成長していきたいね。

 

 

ーーマコセには未経験でも1から学べる教育体制に、習熟度を確認しながら成長できる評価・サポート制度、そして社員の目線に立った福利厚生があり、ひとりひとりを様々な角度からバックアップしております。学びが多く、一生ものの仕事です。ぜひ私達と一緒に思いのこもった会葬礼状を届けてみませんか?皆様のご応募を心よりお待ちしております。