お電話でのお問合せは

価値あるお別れのために出来ること。

営業時間

8:30〜18:00

(取材受付時間/9:00〜17:00)

ナレーション

喪主挨拶・弔辞

メモリアルDVD

会葬パネル

会葬礼状台紙

社葬・お別れ会

アフターフォロー

ご不幸新聞広告

フューネラル事業部TOP

オリジナル会葬礼状

商品コンセプト

導入例と実績の紹介

礼状が出来るまで

サンプル閲覧

オリジナル礼状台紙紹介

反響・お客様の声

忌明けお礼・喪中はがき・その他

喪主挨拶・弔辞・ナレーション

メモリアルDVD

会葬パネル

パネル用フレーム紹介

家族葬用のお礼状

移動式プロジェクター

お別れ会・社葬・合同葬

アフターフォローツール

ご不幸新聞広告

Q&Aコーナー

スタッフ紹介

私たちの取り組み

フューネラル事業部

メディア・雑誌・新聞情報

三・一一 東日本大震災 流された会葬礼状 (コピーライター 新地 みゆき) 私たちの記憶に衝撃を与えた東日本大震災… 大切な人だけでなく、津波は何もかも奪いました。 私なら、今 何を望み、何を必要とするだろう。 そう感じながら過ごしていた私の日常に飛び込んだ一本の電話。 「あなたが昨年の九月に作ってくれたお礼状を、もう一度送って頂けませんか」 東北の葬儀社様から届いた思いもよらない この依頼と、 「全て津波で流されてしまったけれど、せめて遺影写真と一緒に大切に飾っていたあのお礼状だけでも、 手元に欲しいんです」 と言って下さったというご遺族様の言葉。 ただただ嬉しくて、素直に「この仕事に出逢えて良かった」そう感じた瞬間でした。 私が届ける礼状は 「ご遺族の想いを本当にお伝えできているのか… その大切な気持ちがしっかり遺せたのか」 ということが一番のカギ。 故人様とのお別れに際し私たちが聞かせていただくのは、脚本が用意されていない物語です。 受話器を手に、想いを受け止めたい一心で耳を澄ませます。 「大工職人として各地を飛び回る父と会える お盆と正月が待ち遠しかったんです。 会えなかった分、私たちは夢中で話しました。休暇を終えて また仕事に向かう父の背中を見るのは寂しかったですよ」電話の向こうから聞こえる涙声。 「思い出の中で一番なんてありません。とにかく母は花が大好きだったんです」 小さな声でぽつりと話された後、無口になってしまう方。 五年後、十年後… この お礼状が、思い出を振り返るための術になれたなら。 そして この一枚が、かけがえのない宝物になれたなら。 そんなことに思いを馳せて、今日も 新たなドラマに触れてゆきます。 世界でたった一度だけ。 その時にしか聞くことの出来ない、大切な想いがぎゅっと詰まった 文章を届けられますように…

PAGE TOP

百聞は一見にしかず・・・

当社では体験デモ取材を随時承っております。

尚、デモ取材は法人様のみのサービスとなっております。

【お申し込みの流れ】

  1. 問い合わせフォームから必要事項を入力して送信します。
  2. 当社営業担当から取材時間の確認をさせていただき、指定のお時間に電話取材をさせていただきます。
  3. 約2時間後にFAXもしくはメールにて文章をお送りいたします。
体験デモ取材 法人様専用 お試し実施中!! お気軽にご相談ください お申し込みはこちら