お電話でのお問合せは

メモリアルDVD

フューネラル事業部TOP

オリジナル会葬礼状

商品コンセプト

導入例と実績の紹介

礼状が出来るまで

サンプル閲覧

オリジナル礼状台紙紹介

反響・お客様の声

忌明けお礼・喪中はがき・その他

喪主挨拶・弔辞・ナレーション

メモリアルDVD

会葬パネル

パネル用フレーム紹介

家族葬用のお礼状

移動式プロジェクター

お別れ会・社葬・合同葬

アフターフォローツール

ご不幸新聞広告

Q&Aコーナー

スタッフ紹介

私たちの取り組み

フューネラル事業部

メディア・雑誌・新聞情報

営業時間

8:30〜18:00

(取材受付時間/9:00〜17:00)

いつかの一歩が今につながっている 一枚の会葬礼状が人と人をつないでいる (マコセ東京本部・営業部 川上 拓史) 先日、ある葬儀社さんに伺った時、こんなお話を聞きました。 喪主の女性が打ち合わせの際、数枚のオリジナル礼状を手に こう言ったそうです。 「うちのおばあちゃん、ご近所でいただくこのはがきが、とっても好きだったんです…。 どうしてもこのお礼状を作ってもらいたくて、おたくにお願いしたんです」と。 こんな人がその町に一人でも居てくれたことが、嬉しくてたまりませんでした。 オペレーターがご喪家と直接お話しして作成する、世界に一つの会葬礼状。 その紹介を私がさせて頂くようになって、早いもので四年目になります。 全く新しい商材なので最初はなかなか話を聞いて頂けず、訪ねた途端に門前払いを 受けたことも多々ありました。大雪の中 アポがとれずに呆然と立ち往生したことも ありました。そんな私達の壁を打ち破るための武器は、『誠意』と『情熱』、自信を持って おすすめする『品質』しかありません。それが全てです。 「これ、いいねぇ」と言って頂く瞬間の 葬儀社さんの笑顔を見れば、車で三時間 四時間の苦労も報われるというものです。 全国のあちこちで数々の出逢いがあり、貴重な経験を沢山させて頂きました。 所変われば風習も様々、葬儀のあり方も違いますが、どこの葬儀社でも「お客様に 喜んでもらいたい」という基盤は同じです。ご喪家と真摯に向き合う担当さんの 姿には教わることが多く、その度に私自身の仕事に対する意気込みも大きくふくらみました。 今、こうしている間にも一枚の会葬礼状から沢山の「ありがとう」が生まれています。 まるで水の輪のように、ご遺族の声が人から人へ伝わり、日本全国に広まった今日。 無縁社会といわれる現代に対して、オリジナル会葬礼状は一石を投じたと言えるのではないでしょうか。 一枚一枚の会葬礼状が結んでくれている ご縁、そして自分の足で築いた信頼が、私の喜びであり 誇りです。 なかなか理解を頂けなかった頃を思えば 感慨深いものですが、マコセはまだ成長途上であることを止めません。会葬礼状の文章に完成型はないのです。さらなる品質の向上を目指し、今日も明日も東奔西走、 皆様の言葉に耳を傾けていきたいと思っています。
価値あるお別れのために出来ること。

会葬パネル

会葬礼状台紙

ナレーション

喪主挨拶・弔辞

社葬・お別れ会

アフターフォロー

ご不幸新聞広告

百聞は一見にしかず・・・

当社では体験デモ取材を随時承っております。

尚、デモ取材は法人様のみのサービスとなっております。

【お申し込みの流れ】

  1. 問い合わせフォームから必要事項を入力して送信します。
  2. 当社営業担当から取材時間の確認をさせていただき、指定のお時間に電話取材をさせていただきます。
  3. 約2時間後にFAXもしくはメールにて文章をお送りいたします。
体験デモ取材 法人様専用 お試し実施中!! お気軽にご相談ください お申し込みはこちら