お電話でのお問合せは

フューネラル事業部TOP

オリジナル会葬礼状

商品コンセプト

導入例と実績の紹介

礼状が出来るまで

サンプル閲覧

オリジナル礼状台紙紹介

反響・お客様の声

忌明けお礼・喪中はがき・その他

喪主挨拶・弔辞・ナレーション

メモリアルDVD

会葬パネル

パネル用フレーム紹介

家族葬用のお礼状

移動式プロジェクター

お別れ会・社葬・合同葬

アフターフォローツール

ご不幸新聞広告

Q&Aコーナー

スタッフ紹介

私たちの取り組み

フューネラル事業部

メディア・雑誌・新聞情報

営業時間

8:30〜18:00

(取材受付時間/9:00〜17:00)

メモリアルDVD

ナンバーワンの向こうにあるオンリーワンの思い (コピーライター 石堂 希美) ご遺族との電話取材を通じて 心の声を聞かせて頂き その大切な言葉を 文章へとつむいでいくこと。それが私達の仕事です。 限られた時間での通話ながら 初めて出会うオペレーターに ご遺族は 溢れるほどの思いを届けてくださいます。だからこそ、ご遺族の気持ちを最大限に受けとめ、相手と同じ温度で分かち合うことが、私達に与えられた大きな使命です。 一日一日、瞬間瞬間が真剣勝負。どうすれば ご遺族の心に寄り添えるのだろう… どうすれば 大切な思い出話をいきいきと表現できるのだろう… 日々試行錯誤して、「生みの苦しみ」も「生みの喜び」もかみしめつつ、この仕事に携われる有り難みや喜びを再確認するのが、毎年開催される「マコセ最高傑作アワード」の時期です。 オペレーターが、この一年間で作ったお礼状の中で自分にとっての自慢の一通を選び、皆の作品を集めて 社内のスタッフ全員で最高傑作を決定するという、一年間を総括する機会。ナンバーワンとして選ばれる作品はひとつですが、これまで私達が制作したお礼状全てに対する気持ちはオンリーワンなのだと、毎回実感します。 ご家族の数だけ伝えたい思いがあって その思いを自分自身の感性で形にさせて頂ける幸せと責任。 ふと立ち止まって自分の仕事を振り返るだけでなく、葬儀社様が結んで下さったご縁に改めて感謝するひとときでもあります。 次の一年は、オペレーターとしてどんな未来を描けるのだろう。 その初めの一歩は、次に担当させて頂くお礼状の中にあるのだと思います。 受話器を握り、ご遺族に第一声を発する瞬間から始まる私達の日常。 毎日の業務を通じて、ささやかな変化も貴重な経験として自分の心に刻んで少しずつ成長していけたなら…その気持ちを忘れることなく、ご遺族にとっての最高傑作を目指してお礼状を作っていきます。

PAGE TOP

価値あるお別れのために出来ること。

会葬パネル

会葬礼状台紙

ナレーション

喪主挨拶・弔辞

社葬・お別れ会

アフターフォロー

ご不幸新聞広告

百聞は一見にしかず・・・

当社では体験デモ取材を随時承っております。

尚、デモ取材は法人様のみのサービスとなっております。

【お申し込みの流れ】

  1. 問い合わせフォームから必要事項を入力して送信します。
  2. 当社営業担当から取材時間の確認をさせていただき、指定のお時間に電話取材をさせていただきます。
  3. 約2時間後にFAXもしくはメールにて文章をお送りいたします。
体験デモ取材 法人様専用 お試し実施中!! お気軽にご相談ください お申し込みはこちら