お電話でのお問合せは

フューネラル事業部TOP

オリジナル会葬礼状

商品コンセプト

導入例と実績の紹介

礼状が出来るまで

サンプル閲覧

オリジナル礼状台紙紹介

反響・お客様の声

忌明けお礼・喪中はがき・その他

喪主挨拶・弔辞・ナレーション

メモリアルDVD

会葬パネル

パネル用フレーム紹介

家族葬用のお礼状

移動式プロジェクター

お別れ会・社葬・合同葬

アフターフォローツール

ご不幸新聞広告

Q&Aコーナー

スタッフ紹介

私たちの取り組み

フューネラル事業部

メディア・雑誌・新聞情報

営業時間

8:30〜18:00

(取材受付時間/9:00〜17:00)

メモリアルDVD

「私がこの仕事をやめられない理由」 (コピーライター 井尻 典絵) 和やかな雰囲気の中、取材もそろそろ終盤… 「奥様と出逢われた時のことを覚えていらっしゃいますか?」と伺ったことがあります。 「時代が時代です、お見合いですよ。」と笑ってこたえて下さったのは、八十代の男性でした。 「では、奥様のこと見初められたんですね!」という私の言葉に「いいや、まさか、妥協ってもんですよ。向こうもそうじゃないかな。」とおじいちゃん。 うふふふふと一緒に笑いながらも、しまった!との思いで胃はきゅっとなって、なんとお返事しようか考えあぐねておりました。そんな私をみかねたように、「でもね、それで今日まで何十年も一緒にいるんだから、運命なんだよ。」と話して下さった、なんともいえぬ紳士。 ほっこりと温かい気持ちで受話器をおいて、文章を書く私はきっとにやにやしていたでしょう。 「いいこと、聞いちゃったなぁ。」 人生教訓がひとつ増える、こんな瞬間は、まだまだ他にも。 私がこの仕事と出逢っていなければ、貴社とのお取引がなければ、ご担当者様がご縁を結んで 下さらなければ、出逢えなかった沢山の方々。その方を知るのは静かに目を閉じられた後だと してもこうして私に沢山のことを教えて下さいます。 この仕事をしていなければ、こんなに沢山の方の人生を伺うことはなかったでしょう。 お届けした一枚の会葬礼状の下書きに「ありがとう」とお言葉を頂くことがあります。 わずか十分たらずで伺った人生のダイジェストをどんな文章で皆様にお届けすれば 「あん人らしか」(鹿児島弁で「あの人らしい」)と読んでもらえるだろうと闘った一枚が褒めて 頂けるのは、素直に嬉しいものです。けれども、本当はただ、生きてこられたその故人の人生が素晴らしい。お礼をお伝えしなければならないのは私のほうです。 「すてきなお話を聞かせて頂いてありがとうございます。」 「“あれができなかった”と後悔するよりも“あれができてよかったな”と今は思いたい」 ご遺族のこのお言葉を聞いて、はっとした日もありました。 「あれができてよかったな」と一つでも多く思えるように、私は今日も全力を尽くします。

PAGE TOP

価値あるお別れのために出来ること。

会葬パネル

会葬礼状台紙

ナレーション

喪主挨拶・弔辞

社葬・お別れ会

アフターフォロー

ご不幸新聞広告

百聞は一見にしかず・・・

当社では体験デモ取材を随時承っております。

尚、デモ取材は法人様のみのサービスとなっております。

【お申し込みの流れ】

  1. 問い合わせフォームから必要事項を入力して送信します。
  2. 当社営業担当から取材時間の確認をさせていただき、指定のお時間に電話取材をさせていただきます。
  3. 約2時間後にFAXもしくはメールにて文章をお送りいたします。
体験デモ取材 法人様専用 お試し実施中!! お気軽にご相談ください お申し込みはこちら